ノンシリコン

よくノンシリコンがいいとか、ドラッグストアにいくとノンシリコンをアピールしているシャンプーを見かけます。

 

女性用シャンプーは見ないので、そうなのかどうなのかわかりませんが、メンズの育毛シャンプーを見て回るとそれがアピール材料の一つとされているのがわかりました。

 

結局ノンシリコンだったらいいおんか、というとそういうわけでもなさそうです。

 

 

こだわるべきポイントは他にもあって、それが洗浄成分。

 

洗浄成分にも注目してみると、シャンプーの特徴が分かれてくるかと思います。
高級アルコールを使っているもの、石鹸系のもの、そしてアミノ酸系のもの。

 

 

ノンシリコンだとしても高級アルコールを使っているものは避けたほうがいいかもしれません。

 

合成界面活性剤などを使っていて、泡立ちもよく洗っている感じがするのですが、大事な頭皮の皮脂までもごっそりと落としてしまいそうなのです。

 

これって食器用洗剤などにも使われている界面活性剤ということで、結構汚れには強いというか強力に落としてくれる感じがするのです。

 

成分としては、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウム、オレフィンスルホン酸ナトリウムと書かれています。

 

 

石鹸系のシャンプー

デメリットから言うと、ちょっと使いづらいかな、という感じです。
ただ、自分の体と環境には優しい。

 

ただ、皮脂を除去する力が強いく、頭皮が乾燥しやすくなり、洗ったあとの感じも髪の毛の仕上がりはゴワゴワしていきます。

 

髪が短い人や、ゴワゴワが気にならないという人は、アルコール系よりもこっちのほうがいいかもしれません。

 

アミノ酸系シャンプー

kロエが一押しという感じです。
髪や頭皮と馴染みが良くて、洗い上がりもしっとりとしてきます。

 

ちゃんと洗えば汚れもちゃんと落ちます。
ココイルメチルタウリンナトリウム、ラウロイルメチルタウリンナトリウムという成分。だいたいこういったものはアミノ酸をアピールしていると思うのでわかりやすいと思います。