頭皮と紫外線の関係

今更なのかもしれませんが、頭皮と紫外線の関係はないということはないです。

 

殆どどこにいっても紫外線は受けないほうがいいし、悪影響だという話があります。

 

何がどうダメなのか、というと、科学的根拠はよくわかっていませんが、その辺は専門家に任せておいて、とにかく我々薄毛人間としては、いかに紫外線を受けないように(頭皮に)するのか、というところが一つの大きなポイントだと思います。

 

年令を重ねていくと、髪の毛もだいぶヘタってきます。
ヘタって立っていたものが立たなくなるし、勢いであったり元気なものがなくなってくるわけですね。

 

髪の毛の元気がないと、だいぶ年齢を感じさせてしまうわけです。
髪の毛がヘタっている原因というのは、加齢であったり、ケアであったり色々とあると思うのですが、そのうちの一つに紫外線からの予防が挙げられるわけです。

 

そうならないためにも、紫外線を避けるようにしていく必要があると思うのです。

 

 

夏場だけ守っていればいいのかとういとそういうわけにも行かないのですよね。
そんなに甘くない。

 

濃いやつでも全然紫外線浴びまくっていて、真っ黒クロスケみたいなのがいても、彼は別次元の人間なんだ、と自分に言い聞かせるようにしましょう。

 

以前にマツコの知らない世界で、ラーメン毎日食べている人が出ていましたが、頭が真っ黒で髪の毛がドフサ。

 

ありえんって思いましたね。
極力ラーメンを食べるのはよくないのでしょうけど、ああいう人もいるもんなんだな、とお模様にしました。
らーめん好きにとっては希望なのかもしれません。